第三章:濡れた身体 | ソフトSM愛好家・カメ吉の調教ブログ

第三章:濡れた身体

喫茶店でお話しした通り、俺は土曜日の昼12時に聖子さんの自宅にお邪魔した。

聖子「いらっしゃい。」

笑顔で迎え入れられ、化粧と髪をセットしてある聖子さんはとても色っぽっかった。
部屋の中はいたってシンプルで、白を基調とした広々感のある部屋だ。

子供の姿が見えなかったから聞いてみると、友達と遊びに行っているらしい。
部屋には俺と聖子さんの二人きりになった。

今だと思って俺は聖子さんに抱き着いた。

聖子「かめ吉さん…」

胸は柔らかくてとても居心地が良かった。

そして俺たちは唇を合わせた。
三日目にしてようやくだ。

旦那と寝ていると思われる布団に移動し、衣服を一枚づつ脱がした。
何度も手を滑らせたくなるようなつるつるな肌だ。

すっと手を恥部へ移動させると、聖子さんは更に息が荒くなっていった。
ズボンの上から人差し指を使って陰核の位置をあぶりだし、クリトリスにヒットしたときに見せる腰ガクがとてもいやらしい。

そしてパンツの下はぐっしょり大洪水だ。

聖子「こんなに濡れたの久しぶり・・・」

俺は丹念に乳首を愛撫し、感じやすい聖子さんはあんあん鳴き声をあげていた。

聖子さんの温かい口でフェラチオご奉仕してもらい、ついに念願の聖子さんの身体の中へダイブできることとなった。

カテゴリ:カメ吉の独り言タグ:

外でいろいろされたい

カテゴリ:【ログイン中】|性別:女性|名前:さくら
年齢:23歳|地域:福岡県

M女性のプロフィール画像

外でセックスするのが大好きです。いつ誰に見られるか分からないドキドキ感。全裸で後ろから思い切り突かれたいです。