目隠しソフトSM | ソフトSM愛好家・カメ吉の調教ブログ

目隠しソフトSM

目隠しソフトSM

彼女は月に2回のペースで会っている従順でかわいい俺のペットだ。

長女でしっかりしているが、こういうコはたいていMだということを俺は知っている。

SMには興味あるコだが、まだまだ全てを解放しきれてはいないから、ソフトSMから徐々にハードルを上げている。

「今日は目隠しをしてみようよ」

目隠しをミクに手渡し、恥かしがっていたが素直に付けてくれた。

アイマスクをすると無防備な感じでとてもワクワクしてしまう。

俺はベッドにミクをそっと寝かした後、手首に手枷をした。

「えっ、なになに?」

「身動きも取れないってすごく興奮しない?」

俺はミクの耳元でささやきながら、両手でおっぱいを愛撫した。

ゆっくりと揉みしだき、乳首をくりくりと刺激する。

「ん・・あん・・」

手枷をベッドに固定し、ミクの両足がガバっと開く。

「ほら、いつもより濡れてるじゃん」

人差し指で割れ目をなぞると、

目隠しソフトSM

「んんっ」

と首を振る。

俺は拘束テープで脚のひざ辺りを固定し、M字開脚のようにした。

丸見えになったアソコからは次々と愛液が垂れてきている。

用意しておいたローターとバイブをアソコとアナルに挿入した。

バイブを挿入した恥部

「えっ何々?」

「大丈夫だよ。すぐに気持ちよくなるからね。」

彼女の頭を優しく撫で下ろしてから、ローターのスイッチをONにする。

ブブブブブ・・・小さな音と共に、彼女の体がくねくね動き出した。

「ああん・やだぁ・はずかしい・・」

抵抗はするが彼女の声は弱々しかった。

乳首にもクリップ型のローターを挟む。

「はあん・・だめぇ・・」

ミクは体をのけぞらせて、軽くイってしまったようだ。

「んん・・はぁ・・あ・・」

ミクは素直に快楽を楽しんでいる。

アソコに挿入されたバイブを引き抜く。

アソコから玩具を引き抜く

「ああ・・」

か細い声と共に、愛液で濡れているバイブが姿を現した。

ミクの腰は何か物足りなさそうに動いている。

俺は再びバイブをアソコに挿入し、スイッチをONにする。

「いい・・あ・はん」

アソコでうねうねと動き出したバイブに、ミクの腰の動きも大きくなった。

「ああん・がまんできない・・」

「なにががまんできないの?」

分かっているけど意地悪してみる。

「ああ・・いじっわるぅ・・」

普段の彼女からは想像もできない発言だったから、もう少し意地悪してみる。

俺はバイブで彼女のアソコを刺激してると、痺れを切らし、

「おちんっちんが欲しい・・のっ」

「どこに何が欲しいの?」

ぐりぐりとバイブを動かしながら、聞くと

「アソコに・・あなたの・おちんちんを入れてぇ・・・・」

「はい。よくできました。」

バイブのスイッチをOFFにして、アソコから引き抜き、俺のペニスをグっと挿入した。

彼女に挿入する

「はあぁん・・気持ちいいっ・・」

彼女は挿入されただけでまたイってしまった。

バイブで焦らされたアソコが、本物のペニスを大歓迎してまとわりついてくる。

ミクも本物のペニスに悦びを感じている。

アイマスクを取っ払い、彼女の上体を起こす。

騎乗位で突いてやると奥まで届いて、顔がとろけたようになっている。

「ほら、自分で動いてごらん」

ミクはゆっくりと腰を振り始めた。

動きに合わせて俺も動いてやると

「だめ・イっちゃう」

俺の上に覆いかぶさって抱きついてきた彼女を仰向けに押し倒し、正常位でガンガン突くと俺も気持ちよくなってきてしまい、ミクの中に精液を出してしまった。

カテゴリ:目隠し調教タグ:

アナル調教されたい

カテゴリ:【ログイン中】|性別:女性|名前:きぃ
年齢:40歳|地域:神奈川県

M女性のプロフィール画像

AVでアナルに興味を持ち始めました。あれってほんとうに気持ちいんでしょうか?未経験なので優しい人がいいです。

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

愛好家 カメ吉プロフ

ソフトSM 愛好家 カメ吉

HN:カメ吉(年齢不詳)
住所:名古屋在住
前世は亀で雌亀たちとセックスしまくっていたが、神様が怒り人間にされてしまった。今までのセックス人数は千人超え。そんな波乱万丈なブログだ。ウキー

カメ吉おすすめサイト

情報商材LP(人妻)

人妻と出会いたいならここを使おう!

お問い合わせ

お名前 (必須)

題名

メッセージ本文

送信内容を確認したらチェックを入れてください。

Return to Top ▲Return to Top ▲