ケツ毛ボーボーの人妻をパイパンアナルにして舐めまくり恥辱プレイ | ソフトSM愛好家・カメ吉の調教ブログ

ケツ毛ボーボーの人妻をパイパンアナルにして舐めまくり恥辱プレイ

ケツ毛

前回、SMの新出会いサイト「おしりクラブ」でキツめ顔の人妻を捕まえ
ボーボーだったケツ毛を刈り取ってきた。

仕事帰りということで、スーツだった人妻は多分汗で蒸れまくっているだろう。
俺はあえて風呂に入らせず、ベッドに押し倒しスカートの中に顔を突っ込んで臭いを嗅いでやった。
人妻は最初は笑っていたが、次第に恥ずかしそうな顔になっていった。

案の定、ストッキング越しからでも匂う汗の臭い
男の汗の臭いと違って女の汗の臭いはフェロモンも混じっているのか俺のチンポがビンビンになるぐらいの芳しい臭いだった。

辛抱たまらん俺は剥き出しのコックを人妻に舐めさせた。
旦那に仕込まれているのか、舐め方がかなりうまい。
俺は思わず人妻の口の中でビュルル!っと精液をぶちまけた

ザーメンを吐き出そうとした人妻に俺はそのまま飲み込めと命令する。
人妻はちょっと困ったような顔をして頷き、喉音を鳴らしながらザーメンを飲み込んだ。

それに満足した俺は、早速人妻のストッキングを破き
マングリ返し状態でマンコとアナルを良く見えるようにしてやった。

人妻は赤面しながらも、拒む事もなく恥ずかしそうにそっぽを向いている。
しかし、マンコは良く見えるのだが、アナルがまったく見えない。
写真の通りケツ毛ボーボーだった。さすがにコレはケツ毛フェチがない限り
萎えてしまうほどの毛の量だった。

俺はホテルのアメニティからシェービングクリームとT字剃刀を持ってきた。
ジョリジョリと、剃っていく。人妻も自分の尻毛を剃られるのはかなり恥ずかしいのだろうか
喘ぐような恥ずかしがり方をしていた。そして、タオルでふき取り綺麗なアナルが顔を出す。

毛に覆われてただけあって、綺麗なサーモンピンクアナルだ。
俺は毛むくじゃらアナルをみてチンポが萎えていたが、一気にぼっきんぐした。

ウェットティッシュでアナルを綺麗に拭いてやり、わざと鼻息が聞こえるように
アナルを嗅いでやる。パイパンアナルにされた事と、お風呂に入ってない
アナルを嗅がれていることに興奮し、人妻のおまんこから大量の蜜が溢れている。

俺は桃をしゃぶるようにアナルに口を当て
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
人妻のアナルを乱暴に舐めまくってやった。

毛に覆われてただけあって、敏感なアナルを舐められた人妻は
おまんこをヒクヒクさせてチンポをぶち込んで欲しいという。
だが俺は人妻はアナル処女だと言うことで、アナルに挿入してやることにした。

しかし、未開発のアナルはきつすぎて入らず。
仕方なくおまんこにぶち込んでビュルルルッ!とそのまま中出ししてやった。

後日、メールが届いて、あの人妻はアナル舐めが気に入ったらしく
また舐めて欲しいとのことだった。長期でアナル調教をしてやってもいいが
あいにく俺は長期調教というのはあまりやらないことにしている。

アナル舐めが好きな奴はこの人妻を恥辱調教してやるといい

カテゴリ:アナル調教タグ:

クリトリス見て

カテゴリ:【ログイン中】|性別:女性|名前:まろん
年齢:25歳|地域:京都府

M女性のプロフィール画像

毎日クリトリス触ってたらお豆くらいに大きくなっちゃったの。誰かに見てほしいな。