黒髪ロングを性奴隷として飼ってた時の話 その2 | ソフトSM愛好家・カメ吉の調教ブログ

奴隷女の大群に出会える

人は奴隷に囲まれたらどうすればいい!?答えはかんたん!自分の方が上だということを思い知らせることだ!!

使ってみる

黒髪ロングを性奴隷として飼ってた時の話 その2

緊縛

それからは釣りかと思うくらいの早さでメールでの調教が始まった。
俺をご主人と呼び、自分を雌犬、便器と呼び
言ったことはちゃんとやり、全て写真で送ってくる。

今まで溜め込んできた欲求が、爆発して止まらなくなったと、その後聞いた。

話し始めて1週間が経つ頃、Aは実際に会って調教してくれませんか?
と言ってきた(話し始めて2日目には写メと番号は交換済み)

そのときには彼女と別れていた俺は迷うことなくそれを了承した。
住んでいる場所は近かったため、会うことは容易だった。
俺の何を気に入ったのかAの服従ぶりは半端じゃなかった。

調教の道具は一通り持っていたAなのですぐに日取りを決め、会うことになった。
野外調教もしてほしいようだったので、当日、会うにあたって
Aにはノーブラノーパン、ワンピースで来させた。

でも、生憎と雨だったのでそれはまたあとでってことで、さっそくホテルへ。
あ、ホテルに行く前に身体を確認したら、足をつたって垂れるくらい濡らしてた。
ほんとこいつはしょうがない豚だ

今はもうなくなりつつあるけど、その頃はまだ吊るしたりできるような
梁などがあるホテルがあったのでそこを選ぶ

部屋に入り、Aに服を脱ぐよう指示。そして全裸になったAは、土下座し

「ご主人様、どうかこの雌犬をお好きなように調教してください、お願いします」

とかなんとか言ってきた。
Aは苦痛系で喜ぶマゾ。なので、頭を踏みつけつつ

「楽しませろよ?わざわざ調教してやるんだからな」

そして、髪を掴み顔を見る。この時点で、Aはもうトランス状態
虚ろな目で、「何されても抵抗しません、全てに従います」と言った

実際のところ、調教というよりやりたいことを好き放題するって感じ
Aは大概のことは自分でやってたしね。

そしてプレイ開始
Aを縄で拘束する。梁に結んだロープで手を上に縛る。
さらに、開脚するように縛る(自己流なのでちゃんとした縛り方は知らない)

Aは逃げられないように拘束されることが好きだった。

カテゴリ:肉便器・中出し調教タグ:

きつく縛ってください

カテゴリ:【ログイン中】|性別:女性|名前:ゆかり
年齢:21歳|地域:愛知県

M女性のプロフィール画像

元カレに軽く縛られてからSMに興味を持つようになりました。まったく知識はありませんが、よろしくお願いします。

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

愛好家 カメ吉プロフ

ソフトSM 愛好家 カメ吉

HN:カメ吉(年齢不詳)
住所:名古屋在住
前世は亀で雌亀たちとセックスしまくっていたが、神様が怒り人間にされてしまった。今までのセックス人数は千人超え。そんな波乱万丈なブログだ。ウキー

カメ吉おすすめサイト

不倫性活

欲求不満な新妻や若妻、熟妻が多く利用している人妻と出会える新感覚SM専門サイトです。

お問い合わせ

お名前 (必須)

題名

メッセージ本文

送信内容を確認したらチェックを入れてください。

Return to Top ▲Return to Top ▲