黒髪ロングを性奴隷として飼ってた時の話 その3 | ソフトSM愛好家・カメ吉の調教ブログ

全国の足フェチに捧ぐ

女の足、脚、足裏が大好きな人たちへ捧ぐ完全足好き専用出会いサイト。美脚やむっちりふとももが好きな変態紳士と淑女に出会って、快適な足好きライフを楽しんでください。

使ってみる

黒髪ロングを性奴隷として飼ってた時の話 その3

異物挿入

縛り終わると、まずはAの口にギャグボールを付ける。
そして、乳首にはクリップ。このクリップ、そのへんに売ってるような
普通のクリップなので、幅を調節できないからけっこう痛い

片方を挟んだ瞬間、Aは呻き声をあげた
まぁ、そんなの関係無いのでもう片方も挟む。さらに息を荒げ、呻く。

涙を流して体をねじる。それを見て、何か笑えてきた

次は、Aに用意させたきゅうりをバッグから取り出す。
Aは挿入されれば何でも喜んだけど、一番喜ぶのは野菜や
ビンなどの異物を挿入されること。家畜以下の扱いをされることが好きだったようだ。

もうぐちゅぐちゅに濡らしているAの牝穴にいきなり奥まできゅうりを突っ込む

身体をそり、呻き声ををあげて
(ギャグボールはめた声って表現し辛いな、各自想像して)痙攣しだす

これだけでイッたようだった

「おい、勝手にいってんじゃねーよ」

そう言って俺は、乳首のクリップを勢いよく引っ張って外す
ヨダレ垂らしながら、叫ぶようにAは
「ごめんなさいごめんなさい」と言っているように聞こえた

「わかればいいんだよ、雌犬」

そしてもう一度クリップを挟む。
今度は片方に二つずつ。Aはいい声で鳴いてた。

次に、アナルには小さめのスプレー缶を挿入する
(浣腸はすでに家でやらせ済み)

ローションをたっぷりつけ、グリグリとアナルに押し付ける
ローションもついてるし、自分で開発していただけあって
ほとんど抵抗なく奥まで吸い込まれていく

入っていくたび、「あ゛ー!あ゛ー!」と声を荒げ
ビクビクと震える身体、そしてどんどん愛液が溢れてくる
一部はローションだろうけど、それ以上の量のぬめり気のある液体が床に染み渡る。

「なんだ、こんなもん突っ込まれて嬉しいのか?」

そう言って2穴の挿入物を激しくピストン。動かすたびに、溢れる愛液。
誰に調教されたわけでもないのにここまでされて喜ぶAは
ほんとどうしようもない変態だと思った

カテゴリ:肉便器・中出し調教タグ:

外でいろいろされたい

カテゴリ:【ログイン中】|性別:女性|名前:さくら
年齢:23歳|地域:福岡県

M女性のプロフィール画像

外でセックスするのが大好きです。いつ誰に見られるか分からないドキドキ感。全裸で後ろから思い切り突かれたいです。

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

愛好家 カメ吉プロフ

ソフトSM 愛好家 カメ吉

HN:カメ吉(年齢不詳)
住所:名古屋在住
前世は亀で雌亀たちとセックスしまくっていたが、神様が怒り人間にされてしまった。今までのセックス人数は千人超え。そんな波乱万丈なブログだ。ウキー

カメ吉おすすめサイト

情報商材LP(人妻)

人妻と出会いたいならここを使おう!

お問い合わせ

お名前 (必須)

題名

メッセージ本文

送信内容を確認したらチェックを入れてください。

Return to Top ▲Return to Top ▲