黒髪ロングを性奴隷として飼ってた時の話 その5 | ソフトSM愛好家・カメ吉の調教ブログ

全国の足フェチに捧ぐ

女の足、脚、足裏が大好きな人たちへ捧ぐ完全足好き専用出会いサイト。美脚やむっちりふとももが好きな変態紳士と淑女に出会って、快適な足好きライフを楽しんでください。

使ってみる

黒髪ロングを性奴隷として飼ってた時の話 その5

便器

「おい、こぼすなよ、全部飲め」

全て出切るまで頭を押さえつけて、放出の快感に耽る。
ここまで好き放題したことなどないわけで、今までにない
感覚にぶっちゃけこれだけで満足しかけた。そんなわけにもいかないけど

チンポを抜き、Aは出された精液飲もうと必死
でも、自分の意識に反して咳き込み、少し吐き出してしまった

「ちゃんと飲めよ、便器のくせに」
足をAの顔に押し付ける

「ご、、ごめんな、さい…」

泣きながらAは謝罪をする。かなりの優越感
満足しかけたことなど忘れ、俺は再び興奮してきた
吊るしてあった手の縄を、ベッドの脚に括り付けAを床に寝かせる(足は開脚のまま)

「使えねぇ口は塞がないとな」
下の穴のキュウリを抜き、口に突っ込む

「そのまま突っ込んどけ、吐いたり噛んだりするなよ」

「口は楽しめなかったからな、今度はこっちの穴で楽しませろ」

愛液でぐちょぐちょの穴に、すでに硬くなったチンポを突っ込む

「ああっ、あああ、ああー!」

さっそくキュウリを吐き出し、喘ぎ出すA

「また命令に背いたな?」
お仕置きは必要だよね、うん

俺は片手でAの首を軽く絞める

「んぐぅ!ぐ、あ゛あ゛!」

苦しさに顔を歪める
でもね、やっぱりこいつは変態だった。
首を絞めるたびに、愛液が溢れ出し、穴は締まる
心なしか、自分で腰を振ろうと動いているようだった

カテゴリ:肉便器・中出し調教タグ:

外でいろいろされたい

カテゴリ:【ログイン中】|性別:女性|名前:さくら
年齢:23歳|地域:福岡県

M女性のプロフィール画像

外でセックスするのが大好きです。いつ誰に見られるか分からないドキドキ感。全裸で後ろから思い切り突かれたいです。

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

愛好家 カメ吉プロフ

ソフトSM 愛好家 カメ吉

HN:カメ吉(年齢不詳)
住所:名古屋在住
前世は亀で雌亀たちとセックスしまくっていたが、神様が怒り人間にされてしまった。今までのセックス人数は千人超え。そんな波乱万丈なブログだ。ウキー

カメ吉おすすめサイト

FIGHT CLUB

汗だくの格闘を奴隷と繰り広げたいときはここを使おう。

お問い合わせ

お名前 (必須)

題名

メッセージ本文

送信内容を確認したらチェックを入れてください。

Return to Top ▲Return to Top ▲